外壁・屋根塗装基礎知識|見積もりの比較ポイント

見積もりで失敗しないための比較ポイントとは

見積もりで失敗しないための比較ポイントとは

どの業界にも言えることですが、良心的な業者とそうでない業者がいます。塗装業の世界もまた例外ではありません。しかし、誠実な仕事を通じてお客様の満足を第一に考える業者と出会える方法は確実にあります。そのもっとも有力な手がかりとなるのが見積書です。こちらでは、外壁塗装、屋根塗装で後悔しないための、見積書の正しい見方、比較の仕方についてお話しします。

名古屋でクレームゼロの高品質施工と充実のアフターフォローが自慢の「ティーケーホーム」なら、どこよりも誠実な仕事をお約束します。

後悔しないために、契約前には必ず見積書をチェック

後悔しないために、契約前には必ず見積書をチェック

複数の業者から見積もりを取ると、どういうわけか金額に大きなバラつきがあることがわかります。なぜ、そのような差が生まれるのでしょうか? 同じ1軒の家の外壁、屋根を塗るわけですから、当然、条件は同じはずです。ひとつには、塗料のグレードが違うといったことがあるでしょう。業者によって推奨する塗料のブランド、商品が違うので単位量あたりの金額が違えば、同じ塗装面積でも見積もりが変わってきて当然です。しかし、これだけで説明できないほど金額に差があるとき、どう解釈すればよいのでしょう。

後悔しないために、契約前には必ず見積書をチェック

それは、見積書に書かれた項目を見るとわかります。誠実な業者なら、塗料のグレードだけでなく、塗装面積(どれだけ塗るか)や塗装階数(何回塗るか)、下地処理といって塗装前に壁面や屋根の汚れを落とす工程があるか、足場を組むのにどれだけの費用がかかるか、しっかり盛り込んできます。反対に、「~一式」とか「~その他」と大雑把に書かれていて、こうした肝心の項目が端折られている場合は注意が必要でしょう。後から、あれもこれもと追加請求される恐れがあるからです。もし、追加請求がなかったとしても、本来、3度塗りするのが鉄則の塗装を2度で済まされたり、大事な下地処理を省略されたりする場合も往々にしてあります。いずれにしても、そこを曖昧にしたまま契約書に印鑑を押してしまったら最後、金額や施工品質で後々トラブルになりかねません。

総額だけを見て判断してはダメ、必要項目を細かくチェック!

外壁塗装や屋根塗装を依頼する際、業者から見積もりが上がってきたら、必要な項目がもれなく盛り込まれているかどうか厳しくチェックしてください。決して総額だけを見て納得してはいけません。悪質な業者にとって思うツボだからです。では、どんなことに気を付けて見積もりと向き合うべきなのでしょう。そのポイントを下にご紹介します。

塗装の範囲

塗装の範囲

何も外壁と屋根の塗り替えだから、そこだけ塗装工事が発生するわけではありません。雨どいや軒天といった関連箇所も重要な塗り替えのポイントです。ここに漏れがないことをしっかり確認しておきましょう。また、「塗装面積」がどの程度になるのかも重要です。ただ、業者によって塗装面積の算出方法に違いがある関係で、最終的な数字に若干の差が生じることはあります。しかし、これはあくまでも誤差の範囲と見て差し支えありません。しかし、異様なほど大きな面積を申告している場合は水増し計算の可能性もあるので気を付けてください。一般に「延床面積×3.3×1.2」で計算すればおおよその塗装面積がわかります。見積もりで示された面積がその計算結果と大きくかけ離れている場合は水増しを疑うべきです。

塗装回数

塗装回数

外壁塗装、屋根塗装は3度塗りが原則。下塗り、中塗りを経て、上塗りで仕上げるのがセオリーと言えます。これを2度に省略してその分、利益を出そうとする業者には注意してください。必要な工程を省くのですから、当然、塗装品質はガタ落ち。見た目だけでなく、耐久性にも影響します。しかし、あえて塗装回数が2回と見積書に書いて、手抜きを自己申告するような業者はいないでしょう。おそらく最初からそのつもりであれば、「工事一式」とか「~工事その他」と曖昧に濁してくるはずです。

塗料のブランド・商品名

塗料のブランド・商品名

今日、この業界では見積書に使用する塗料のメーカー名と商品名を記載するのが通例です。気を付けたいのは、「シリコン」や「フッ素」などの原材料名やグレードのみが書かれていて、メーカーや商品名が省略されているような場合。このように、曖昧に濁しておいて、粗悪な品質の塗料を使う業者が少なくありません。

足場費・養生費

足場費・養生費

「仮設足場」や塗料の飛散を防ぐ「飛散防止ネット」などの記載があるかどうかも、よく確認しましょう。なかには足場を組まずに作業する業者もいますが、緻密な作業ができないので施工品質が悪くなります。また、飛散防止ネットがなければ、作業中に塗料がご近所の壁や窓、洗濯物を汚してトラブルになりかねません。とはいえ、この時代、足場を組まず、飛散ネットも使わずに塗装工事を行うようなひどい業者はそうそうないでしょう。ただ、当初の見積書にこの項目がない場合は注意してください。ぱっと見はお値ごろな価格設定のように思わせておいて、後から付け足しのように、足場費や養生費だと言って追加してくる可能性が大だからです。

下地処理費

下地処理費

壁面や屋根の表面に塗料をうまくなじませるには、下地処理といって、古い塗装面を高圧洗浄機で剥がす工程が不可欠です。もちろん、この大事な作業を省略しては塗装の品質そのものに悪影響が出かねません。また、下地処理を行う過程で、外壁などに補修が必要な箇所を見つけることができますが、見積書にその記載がないということは、その補修についてもハナからする予定がないということになります。もちろん、要補修箇所がどれだけあるかは着手してからでないとわかりません。当然、見積書には記載できない内容なので、別途費用として追加請求の対象になります。誠実な業者なら下地処理の項目を明記した上で、補修費用は別途請求の対象になる旨を事前に説明してくれるはずです。

失敗しないためにあわせて読んでおきたい外壁塗装の基礎情報