外壁・屋根塗装基礎知識|タイミングとチェックポイント

塗り替え時期は? どこで見極める?

塗り替え時期は? どこで見極める?

外壁や屋根の塗装に問題が生じると、住まいの美観を損なるだけでなく、建物の耐久性が低下します。放置すれば、雨漏りが進み、家の寿命を著しく縮めることになるでしょう。そうしたことにならないためにも、定期的な外壁塗り替え、屋根塗り替えを実施しましょう。ここでは、名古屋でクレームゼロの高品質を誇る外壁塗装・屋根塗装の「ティーケーホーム」が、外壁塗装や屋根塗装をいつ行うべきか、そのタイミングとチェックポイントについてお話しします。

塗り替えが必要な理由

建物を風雨や紫外線から守るバリアが失われてしまう

建物を風雨や紫外線から守るバリアが失われてしまう

外壁や屋根の色は単なる飾りではありません。建物を風雨や紫外線から守るバリアのようなもの。もし、このバリアが劣化するとどうなるでしょう。塗装が欠けた部分、ひびが入った箇所から雨水が侵入して、柱や梁を腐らせ、釘や筋交いといった金属部分を不足させて、建物が本来持っている耐久性を大きく損ねてしまいます。

色あせてみすぼらしい家、汚れが目立つ家になる

色あせてみすぼらしい家、汚れが目立つ家になる

もちろん、紫外線などの影響で劣化し、塗装が本来の性能を発揮できなくなると、外壁や屋根が色あせてみすぼらしい印象になるでしょう。また、塗料には汚れを付きにくくする働きもありますが、こうした機能も同時に衰えてしまうため、付着した砂ぼこりや泥が落ちにくくなったり、苔や藻が繁殖したりすることさえあります。

「まだ、大丈夫だろう」という油断が取り返しのつかない事態に

「まだ、大丈夫だろう」という油断が取り返しのつかない事態に

それでも、「うちは築年数の経過した家だから、外観が多少損なわれても仕方ないし……」と、開き直って何も対策しない方もいらっしゃいます。ところが、それは大きな間違い。ぱっと見ではっきりと劣化しているのがわかるような状況だと、すでに、ダメージは内部にまで及び、前述したように、建物の構造を弱体化させている可能性が大なのです。「まだ大丈夫だろう」とその状態をあと何年も放置しておけば、気づいたときにはもう手遅れ。建物全体が朽ちてしまっているので、修繕にも莫大なコストがかかるような羽目になりかねません。

タイミングとチェックポイント

新築・前回の塗り替えから10~15年が目安

新築・前回の塗り替えから10~15年が目安

一般に、外壁や屋根の塗り替えは10~15年ごとに実施するのが適切とされています。しかし、これはあくまでも目安で、使用されている塗料のグレード、建物をとりまく諸条件(日照・降雨・降雪)によっては5年程度しか持たない場合があるので注意が必要です。とりあえず、新築から10~15年、前回の塗り替えから同程度の時間が経過していたら、注意して屋根や外壁をチェックしてみたほうがよいでしょう。塗装面の剥がれやひび割れなどがあったり、汚れが落ちにくくなっていたり、苔や藻が繁殖しているような場合はすぐにでも塗り替えを検討したいところです。

この症状にピンと来たら塗り替え時期

下に示したような症状がひとつでもあれば、塗り替え時期です。

CHECK-01汚れが目立つようになった

CHECK-01

塗料には防水・防汚機能が備わっていますが、経年劣化でこれが極端に損なわれると、表面に付着した汚れがいつまでも落ちない、掃除をしても汚れが落ちにくくなるといったようになります。これは明らかに塗り替え時期が来ているサインです。もし、この状態を放置すると、雨水が建物内部に侵入し、柱や梁、土台など構造部分の損傷を招きます。

CHECK-02塗装面の色あせが気になる

CHECK-02

長期間にわたって外壁や屋根が紫外線にさらされると、塗装の皮膜が劣化して色があせたり、変色したります。この段階ではすでに塗料の持つ防水機能も相応に劣化していると見て差し支えありません。できるだけ早期に塗り替えを実施したいところです。

CHECK-03表面が白い粉を吹いたようになっている

CHECK-03

白い粉の正体は、経年変化や紫外線の影響で塗料の成分が分離してできたもの。一般にはこれをチョーキング(白亜化現象)と呼んでいます。このチョーキングが出てきたということは、すでに塗料は本来の機能を失っていて、建物内部に雨水が侵入している可能性が大です。これ以上放置するのは得策ではありません。

CHECK-04表面にひび割れがある

CHECK-04

外壁の継ぎ目やサッシと接する部位をよく見てみると、塗装面にひびが入っていることがあります。よく観察しないと見過ごしてしまうような小さな変化ですが、この状態だと外壁の素材面が露出した状態になっているので雨水が容易に侵入してしまいます。外壁そのものの傷みはもちろんですが、建物の構造にも大きなダメージを与えかねません。

CHECK-05苔や藻が繁殖している

CHECK-05

塗装の状態が良好に保たれている状態では、表面が滑らかなので苔や藻などが繁殖するようなことはありません。逆に、苔や藻が付着しているということは、塗装の劣化が相当程度進んでいる証拠です。

CHECK-06目地が劣化している

CHECK-06

外壁用サイディング板を接合するコーキング剤が劣化して亀裂が生じているような状態があると建物内部に雨水が侵入している可能性があります。この場合、すでに目地が劣化した部分を通して外壁内部へも水が入り、塗装面、サイディング材にもダメージが生じている可能性があります。

CHECK-07鉄部にサビが生じている

CHECK-07

外壁や屋根には多くの鉄部があります。また、ガルバリウム鋼鈑などを採用した金属系のサイディング、トタン屋根も基本的には鉄でできているので、サビから守るために表面は塗装で保護されています。こうした鉄部にサビが生じている場合も、外壁塗り替え、屋根塗り替えを検討すべき頃合いと言えるでしょう。

失敗しないためにあわせて読んでおきたい外壁塗装の基礎情報