外壁・屋根塗装基礎知識|業者の選び方・よくあるトラブル

知っておきたい業者選び・トラブル情報

知っておきたい業者選び・トラブル情報

外壁の塗り替え、屋根の塗り替えが大切なことはわかっても、どの業者に依頼すればいいのかがよくわからないという方は多いようです。確かに、なかには法外な費用を吹っかけてきたり、工事品質がひどかったりといった悪質な業者もいるので、余計に慎重にならざるを得ないのかもしれません。ここでは、そんな皆さんに業者選びのポイントをお教えします。また、よくありがちなトラブルについても情報を掲載しておきますので、こちらもぜひご一読ください。

名古屋の「ティーケーホーム」はクレームゼロの高品質施工と充実のアフターフォローで、ご満足のいく外壁塗装、屋根塗装をお約束します。

業者の選び方

ご近所などで外壁や屋根の塗り替えをしているのを目にする機会も多いと思います。また、日頃からネットなどでも情報には接していらっしゃるでしょう。それでも、なかなか決め手がないというのが本当のところかもしれません。そこで、こちらでは、業者の何をどう評価すればよいか、さまざまな観点から解説していきます。

ネットで業者の施工実績などをチェック

ネットで業者の施工実績などをチェック

まず、誰でもカンタンにできる情報収集はネットをチェックすることでしょう。今やどんな小さい会社でもホームページを開設している時代ですので、そこで触れられている特色や実績情報、その会社の経営情報などを確認してください。ただ、気を付けなければならないこともあります。それは、手前ミソの情報を鵜呑みにしないこと。あくまでも宣伝媒体ということで言っていることの何割引きかで考えるのが妥当です。また、しっかりと実績のある会社なら、施工事例を掲載しています。その業者がどんな仕事をしているのか、その内容や取り組み方がどうかということはその施工事例を見ればおおよそ見当が付くからです。

複数の業者から見積もりを取って比較検討

複数の業者から見積もりを取って比較検討

ホームページや新聞に折り込まれてくるチラシなどをチェックして、各社の内容を比較検討したら、そのなかから候補を何社か選んで見積もりを取ってみましょう。おおよその費用が把握でき、しかも比較検討の材料になります。その際、注意していただきたいことがあります。それは先方の対応です。見積もりを提示するのに書面ではなく、口頭で「このくらい」と言ってきたり、見積もりだけで費用を請求したりするような業者は避けましょう。書面にできないのは、証拠を残したくないからと考えられます。もちろん、見積もりだけでお金を要求する業者など論外です。

しっかり現地調査してくれる業者かどうかを見極める

しっかり現地調査してくれる業者かどうかを見極める

見積もりを取ために、その業者が自宅まで来たかどうかも評価のポイントです。もし、電話やメールのやりとりだけで済まそうとしていたら、適当な業者かもしれないと怪しんだほうがいいかもしれません。真っ当な業者なら、費用を正しく算出するために外壁や屋根の状態を事細かくチェックしようとするからです。また、外壁や屋根の塗り替えに必要な塗料のグレードや色といった細かい話も訪問した際にできて安心です。

ブローカーまがいの業者は避ける

ブローカーまがいの業者は避ける

トラブルを起こす業者によくありがちなのが、営業活動だけで施工は下請に丸投げという、いわゆるブローカーです。この手の業者は自社の利益を最大にするために、施工に必要な予算を極限まで削ることがあるので施工品質も粗悪になりがち。一方、営業から施工まで自社で一貫して行っている業者なら、予算を工事そのものに集中させるので、満足のいく仕上がりが期待できます。なお、ブローカーまがいの業者を見分けるには、工事内容に関して突っ込んだ質問をするのがよいでしょう。自社一貫の誠実な業者なら、よどみなく答えてくれますが、ブローカーはお金のことばかり気にしているので即答できなかったり、言い淀んだりするはずです。

近隣対応ができる業者かどうか評判をチェック

近隣対応ができる業者かどうか評判をチェック

ご近所で最近、外壁や屋根の塗り替えをしたというお宅に工事の内容や気づいたことなど何でもよいので聞いてみるとよいでしょう。とくに施工中、その業者が現場をどう扱っていたかが問題です。資材を乱雑に置いていたり、ゴミを散らかしたままにしていたりといったような業者は完全に除外対象。誠実な業者は施工中の現場管理をしっかりしているので、つねに整理整頓が行き届き、乱雑な状況を残したりしません。また、そうした誠実な業者なら、塗装工事が始まる前段階でご近所へあいさつをしてくれるので、多少のニオイや音の問題でトラブルになるといったこともありません。

よくあるトラブル

業者を吟味せずに、安易に選んでしまうとさまざまなトラブルに見舞われることがあるので注意してください。では、具体的に外壁や屋根の塗り替えの際に、どのようなトラブルが生じやすいのでしょうか。ここでは、その典型例をご紹介します。

打ち合わせのときの色とイメージが違う

打ち合わせのときの色とイメージが違う

これは外壁塗装や屋根塗装でよくあるトラブルのひとつ。確かに塗料見本から「これがいい」と指定したはずが、仕上がった色に違和感を抱いてしまうといったように。なぜ、このようなことが起こるのでしょう。それは、カラーサンプルの面積が小さいため、実際の色よりも濃く見えてしまうから。当然、仕上がった色はサンプルよりも薄く感じられるということになります。誠実な業者なら、そのことも前もって説明してくれるはずですが、そうでない業者ではそこまで期待できません。こうしたことを避けるためにも、可能な限り大きなベニヤ板にその塗料を塗ってもらい、それを見てから判断することです。もちろん、その際は晴天の屋外でチェックすること。曇天下や室内で見ても実際とは違う見え方になるので要注意です。

塗装面にひびが入る、苔が付く

塗装面にひびが入る、苔が付く

施工してから1年も経っていないのに、塗ったところにひびが入っていたとか、苔が繁殖し始めた、汚れが目立つといったようなことがあります。しっかりした業者の仕事ならもちろんこんなことにはなりませんが、いい加減な業者が必要な重ね塗りを怠ると往々にしてこうしたトラブルが発生します。外壁や屋根の塗装は、ふつう下塗り・中塗り・上塗りといった3段階に分けて行いますが、悪質な業者はそれを2度塗りでごまかしたり、粗悪な塗料を用いたり、経費を浮かすために塗料を規定以上の量の溶剤で水増ししようとするもの。当然、塗装面の品質は格段に低下してしまいます。こうした事態を回避するには、見積もりに3度塗りをすることが明記されているかを確認し、現場にも立ち会ってその通りに施工しているか目を光らせることも必要です。

追加費用が発生した

追加費用が発生した

残念ながらどんな業界でも悪質な業者はいます。手口も似たようなもので、最初は客先を安心させるために見積もり金額を低く設定して、〇〇費、〇〇代と追加請求してくるのが常套手段。ときには不必要なほどグレードの高い塗料をすすめておいて、驚くような金額を後から請求してくるといった具合です。「こんなはずでは!」と思っても、あとの祭り。こうしたトラブルを避けるためにも、何より見積書の内容をくまなくチェックすることが大事です。塗料のグレードが打ち合わせ通りに指定されているか、塗装面積は明示されているか、項目のなかに足場費や養生費が最初から含まれているかどうかを確かめましょう。その上で、追加費用が発生しないことをその業者に確約させる必要があります。誠実な業者なら、どういうケースであれば追加費用が発生するかも事前に説明してくれるので安心です。

塗装がすぐにはがれる

塗装がすぐにはがれる

そんなことがあるの?と耳を疑ってしまいそうですが、言いにくいことですが施工した業者によってはこうしたトラブルが発生することもあります。塗り替えたばかりで、ひびや汚れが発生するのも問題ですが、塗装自体がはがれるのは明らかに手抜き工事の証拠。とくに、塗装前に壁面の汚れをていねいに落としていなかったために、下地材や塗料が乗らなかった可能性が大です。また、中塗りした塗装面が十分に乾かないうちに上塗りをした場合もこうした症状が発生します。いずれにしても、コストを浮かそうとする悪質業者の典型的な手口です。事前に各塗装径庭間の乾燥時間を取っているのか、壁面の洗浄が工程に含まれているかを業者の言質を取るか、見積書で確認して、こうしたトラブルを避けるようにしましょう。

近隣からのクレーム

近隣からのクレーム

塗装作業という工事の性質上、どうしても施工中は、多かれ少なかれニオイや音の問題でご近所に迷惑をかけることになります。また、職人や車両が何度も出入りして、ご近所の方の通行を妨げたり、プライバシーを侵害したりといったトラブルも予想されます。また、塗料が飛んで、ご近所の家や洗濯物を汚したりするリスクもゼロではありません。こうしたことを考えると、やはり工事が始まる前に、ご近所まわりをして理解を得るようにすべきです。誠実な業者ならこうした近隣対策も積極的に買って出てくれるので安心。絶対避けるべきは、何の説明もないまま工事を始めてしまうこと。これではひとたび何かトラブルが発生したら、たとえ些細なことでも大問題に発展しかねません。

失敗しないためにあわせて読んでおきたい外壁塗装の基礎情報